まんこが臭い女性が取るべき手段

まんこの臭いを消すための石鹸の選び方については、いろいろなことが言われています。
ここでは具体的に石鹸について考察することにします。

 

弱酸性と弱アルカリ性ではどちら良いか

まんこの臭いがしないように使うのが石鹸やボディソープで、
その目的は雑菌と汚れをきちんと落とすことです。
ただしまんこの粘膜に刺激や負担を与えないことが大切になります。
石鹸やボディソープには弱酸性と弱アルカリ性があり、
そのどちらが良いかがここでもポイントになります。

 

肌にやさしいというイメージがある弱酸性は、まんこの皮膚や粘膜が弱酸性なので
親和性が高いという理由があります。
このことだけを見ればまんこが臭わないように清潔にするには
弱酸性の石鹸などが適していると言えます。

 

弱酸性の石鹸・ボディソープのデメリット

ところが一概に弱酸性の石鹸やボディソープなら
まんこの皮膚と親和性があるから大丈夫とは言い切れません。
その理由は弱酸性の製品には合成界面活性剤が使われるケースが多いからです。
合成界面活性剤はかえって粘膜に負担を与えるので注意しなければなりません。

 

弱アルカリ性石鹸は製造しやすいので多く出回る

石鹸では弱アルカリ性のものが製造しやすいと言われています。
これは石鹸の構造によりますが、製造しやすいということで

 

弱アルカリ性の石鹸が市場に多く出回ります。
弱アルカリ性の石鹸を弱酸性の皮膚に使うと汚れを落としやすくなります。
つまり汚れを落とすには弱アルカリ性のほうがいいのです。

 

弱アルカリ性石鹸はまんこの皮膚との親和性が問題

弱酸性のまんこの皮膚に弱アルカリ性石鹸などを使う際には、洗い過ぎに注意が必要です。
それは肌に強い刺激や負担を与えるからです。
ただし洗い方次第では弱アルカリ性石鹸でも大丈夫で、
要はいかにしてまんこの皮膚に刺激を与えないで雑菌や汚れを落とすかが重要なのです。
すなわち、弱酸性も弱アルカリ性も肝腎なことは、洗い方にあるのです。

膣洗浄のメリットを見てみよう

女性には極めて重要な器官である膣はデリケートですから、時には洗浄の必要があります。
ここで膣洗浄のメリットと、膣が発する臭いを軽減するための膣洗浄について説明します。

 

膣洗浄はアソコの臭いを軽減する効果がある

女性は思春期から成人期、そして更年期があり、
子孫を残すために卵巣から受精するための卵子が一定期間中に排出されます。
これが生理で、生理期間は月の4分の1もあり、その間、ナプキンやタンポンなどを使います。

 

問題は、生理での卵子が血液になり、長い期間にわたって排出され、
時には特有の臭いを発することです。
生理の終わりかけに膣洗浄をして残った経血を洗い流すことでアソコの臭いも軽減できます。

 

ウォシュレットのビデでは膣洗浄はできない

生理中の経血とおりものを洗い流そうと、トイレのウォシュレットのビデを使う人が多いようですが、
実はウォシュレットのビデでは外陰部は洗えても、膣の中の洗浄できません。
この点は知っておく必要があります。

 

膣洗浄には専用の器具が必要

膣洗浄には、いわゆる使い切りビデや携帯ビデなどの膣洗浄器が必要です。
膣洗浄器はいろいろな種類があり、洗い流しタイプの場合は、
膣中の必要な常在菌も洗い流してしまいますから要注意です。

 

常在菌が洗い流されると膣の自浄作用が低下して、細菌が入りやすくなり、
そのために臭いが発生します。
その意味では洗い流さないタイプの膣洗浄器のほうがおすすめです。

 

膣洗浄器の学術定義と国の許可

学術的には膣洗浄器は腟腔に精製水を直接流入することで
膣内を洗浄する医療機器と定義されています。
なお、薬事法告示では、機械器具55医療用洗浄器と一般的名称:膣洗浄器になります。
したがって、膣洗浄器を製造販売する際には、厚生労働大臣の製造販売承認が必要になります。
デリケートゾーン 臭い

更新履歴